要支援認定者の利用できる介護保険給付について

要支援認定を受けた人がその状態から自立した生活ができるようにするため、あるいは要介護の状態にならないように予防するために受けられるサービスを予防給付といいます。

予防給付はあらかじめ計画を立ててから提供されます。
この計画を予防プランといって地域包括支援センターの職員が作成します。

あなたにオススメの産経ニュースといえばこちらのサイトです。

予防プランを作成するのはその職員の中でも保健師がメインとなっていますが、保健師が足りないといった事情がある場合には居宅介護支援事務所に委託して作成してもらうこともあります。



要支援認を受けた人が利用できるサービスは在宅サービスと地域密着型のサービスの一部であり、施設サービスは利用することができません。
在宅サービスには介護予防居宅療養管理指導や介護予防通所リハビリテーション、住宅改修など13種目のメニューがあります。



住宅改修は悪質な業者によるトラブルが多かったことから補助を受けるため市町村区に対して事前に申請書を提出しなければならないことになっています。また、支給限度額は定額の20万円までとなっていますが、住宅改修のために工事を行うとき付随して必要となる工事費についても限度額の範囲内で支給の対象となります。

これら予防給付のメニュー内容は要介護に認定された人が受ける在宅サービスとほとんど同じですが、予防給付のサービスを利用できる場所は通所サービスが中心となります。

ただし通所サービスを利用することが困難な場合は訪問サービスが認められます。