介護施設の利用を支援するシステムについて

介護施設を利用するとき最も重要なことは質の高い介護サービスをきちんと確保し、維持できるかということです。

そのためには利用者が主体的に介護施設を選択できる術を持っていることが必要となります。特に契約利用という方式が福祉サービスの利用において導入された現在、利用者が契約の当事者として期待されうる条件を備えているかが問題となっています。


すなわち利用者が当事者として福祉サービスを自らのニーズに基づき適切に選択できうる行為能力を持ち、選択と自己決定による結果に対して自己責任を負うことができるかということが重要です。



これを助ける、介護施設の利用支援に関わる機関は地域包括支援センター、社会福祉協議会、民生委員・児童委員などがあります。

YOMIURI ONLINEの有益情報を見つけよう。

また、成年後見制度や日常生活自立支援事業、苦情解決制度も含まれます。



具体的にはサービスの申請のために必要とされる情報の提供、サービスの選択や申請にあたっての助言、申請代行、さらには利用している間の見守りやアフターケア、権利擁護や苦情処理にあたる機関や職員の活動が含まれます。

しかし、このような利用支援の機関が整備されてもサービス利用者の中には単身あるいは家族を含めて当事者能力がきわめて低い場合や、サービス自体を拒絶して利用に至らない人々もいます。

これらの人々に対して利用支援の機関は、積極的に市民のニーズを掘り起こし、利用を促進するようなアウトリーチ活動が必要になります。